サービスラインナップ

会員セミナー動画配信

動画詳細情報

タイトル 病院活性化のための人事評価制度の重要性
~ パフォーマンスレビューの活用~
セミナー開催日 2013/02/14(木)
概要説明  病院は非営利組織であると言われています。しかしながら、今日の厳しい医療界にあって病院を維持、発展させていくためには、いわゆる「No margin,No mission 算盤無くして使命なし」がprinciple であるのはいうまでもありません。そのためにも、病院内の活性化が重要であり、特に、中間管理職、医師部門で言えば各科主任部長や部長、メディカルスタッフ部門で言えば各部長や課長クラスの動きが鍵を握っていると言えます。
15 年前、当院院長就任時、中間管理職のモチベーションアップのために人事考課システムとしての「パフォーマンスレビュー」を考案し、多面評価法による病院貢献度評価とも言える方式を導入し、医師のモチベーション強化を図ってきました。評価結果はレーダーチャート化して年度始めの個別面接時に本人へフィードバックし、モチベーションの向上を図っています。今後は、医師以外の各部門に展開していく予定です。これからの病院運営には、マネージメント(管理)より、リーディング(舵取り)がより一層求められる時代となってきていると考えます。本セミナーでは、病院運営においての人事評価制度の重要性を当院の事例を挙げながら話をしていきます。
主な内容 1.医療・介護の提供体制の将来[5分]
2.福岡総合病院が抱えていた問題点[10分]
3.病院の理念と基本方針の徹底[2分]
4.非営利組織での管理情報共有の必要性[3分]
5.21世紀病院医療のキーワード[3分]
6.これから生き残る病院と淘汰される病院[6分]
7.職員のモチベーションが高い病院の特徴[3分]
8.リーダーに必要とされる資質[4分]
9.中間管理層がカギ[2分]
10.パフォーマンスレビュー[6分]
11.組織内の「腐ったリンゴ」を取り除く[3分]
12.最高の病院を作るために[4分]
講師 岡留 健一郎 氏
社会福祉法人恩賜財団済生会 理事
済生会福岡総合病院 院長
対象者 経営者向け

動画・レジュメPDFをご覧いただくにはサクシードメンバーズへのログインが必要です。

インターネットエクスプローラーで動画を再生すると、仕様により15秒おきにクリックした時の効果音が鳴ります。効果音が気になる方は以下のリンクをご参考ください。

詳細を見る