サービスラインナップ

会員セミナー動画配信

動画詳細情報

タイトル 苦情対応の知識と方法
~医療メディエーターが求められる時代に対応するために~
セミナー開催日 2012/11/07(水)
概要説明 2012年度診療報酬改定により、「患者サポート体制加算」が新設されました。患者サポート体制加算のために欠かせないのが「医療メディエーター」の配置です。
“医療メディエーターは、どんな役割をしないといけないのか・・・”
本セミナーでは、COML が22 年にわたり蓄積してきた51,000 件以上にのぼる相談対応から得た医療メディエーターの役割と対応のポイント、苦情対応に必要な知識や情報についてお伝えします。また、さらには「納得がいかない」と患者・家族が感じるときの医療側の問題点、問題解決のために患者側が起こす行動(示談交渉や調停、訴訟など)についても知っていただく機会にしたいと思います。
主な内容 1.電話相談傾向の推移[5分]
2.患者の意識の変遷[6分]
3.最近の相談者の意識と傾向[3分]
4.ドクターへの苦情[5分]
5.説明不足の真相[3分]
6.患者の理解を阻害するもの[6分]
7.患者が不信感を抱く医療者の対応[6分]
8.納得できない結果になった時[3分]
9.相談対応の課題[20分]
10.相談トラブルを起こさないために[6分]
講師 山口 育子 氏
NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)理事長
対象者 全職員向け

動画・レジュメPDFをご覧いただくにはサクシードメンバーズへのログインが必要です。

インターネットエクスプローラーで動画を再生すると、仕様により15秒おきにクリックした時の効果音が鳴ります。効果音が気になる方は以下のリンクをご参考ください。

詳細を見る