サービスラインナップ

会員セミナー動画配信

動画詳細情報

タイトル

総合メディカルWebセミナー【2021年7月15日開催】14:00~16:30※30分前より接続開始
テーマ:医療機関における事務職員の仕事

講師:村上 佳子  氏(株式会社M&Cパートナーコンサルティング 取締役)

視聴方法:上記のWebセミナー簡易マニュアルをご確認の上、右の「動画再生」よりセミナーにご参加ください。 なお、セミナー参加時のお名前は、当ホームページのログインIDをご入力ください。(病院名・個人名等不可。一部のお客様には、電話番号のご入力をお願いしております。)

レジュメダウンロードについて:セミナー当日はアクセスが集中し、一時的にダウンロードが困難になることがありますので、可能であれば事前にダウンロードをお願いいたします。当日、ダウンロードが難しい場合は、以下の方法をお試しください。 ・右クリック⇒「ファイルを保存」から、一度デスクトップなどに保存する。 ・「動画詳細」をクリック後、「レジュメ」をクリックしてダウンロードする。 上記方法でも難しい場合は、少し時間をおいてからお試しください。

セミナー開催日 2021/07/15(木)
概要説明

コロナウィルスが蔓延し始めて2年目となり医療機関の姿や周りの環境も随分と変わりました。増収になった医療機関もあるようですが、ほとんどの医療機関は患者の減少や手術の延期などで減収となっています。このような変化の中で、医療機関の事務は何をするべきか。ただ、漫然と目前の仕事を続けていては将来が見通すことができません。

いまこそ、事務職は仕事を見直し、必要とされる存在でなければならないと思います。来年は診療報酬改定の年です。医療機関として今後の生き残りを模索する中で事務が果たすべき役割を考えていきたいと思います。それには先ず医療機関の事務として果たすべき役割を考える必要があります。今回のセミナーでは実例を交え、事務職のスキル向上に向けて必要と思う事柄をお示ししたいと思います。

主な内容

1.医療機関の事務職のスキルとは

2.保険診療の理解

3.コロナウィルス対応の臨時的報酬について

4.リーダー職に求められること

5.医療機関のデータ活用について

講師 村上 佳子氏 株式会社M&Cパートナーコンサルティング 取締役
対象者 医事職員向け

動画・レジュメPDFをご覧いただくにはサクシードメンバーズへのログインが必要です。

インターネットエクスプローラーで動画を再生すると、仕様により15秒おきにクリックした時の効果音が鳴ります。効果音が気になる方は以下のリンクをご参考ください。

詳細を見る