サービスラインナップ

会員セミナー動画配信

動画詳細情報

タイトル 地域包括ケアシステムにおける自院の立ち位置を探る
セミナー開催日 2014/12/06(土)
概要説明  施設完結型医療から地域完結型医療への転換は、①福岡市東区医師会(1996年)と②⼤分県中津市(2000年)がリードし、医療法改正(2006年)でこの思想が取り込まれました。キーワードは「患者が割を⾷わない医療」です。そのためには、医師が責任を感じる地域を明⽰することから始まり、医療提供者の情報開⽰と共有が求められます。
 そして、健康な死に⽅を模索した⽼⼈病院群(10病院)が福岡県療養病床協議会内にでき、「抑制廃⽌福岡宣⾔(1998年)」を発表しました。死なせない医療ではなく患者の尊厳に敬意を払う医療・看護・介護がスタートしました。患者待望の「安⼼して死ねる病院」ができたのです。
当セミナーでは、このような時代背景を踏まえ、療養病床の今後の展望についてお伝えいたします。
主な内容 1.講師紹介 セミナーを始めるにあたり[4分]
2.医療のあるべき姿 国鉄民営化を経験して[4分]
3.医療は誰から飯を食わせてもらっているか [10分]
4.地域包括ケアに向けた国政の動き[5分]
5.施設完結医療から地域完結医療へ 福岡市東区の事例[11分]
6.患者さんが割を食わない療養病床のありかた[4分]
7.患者主体医療のマーケット分析 [3分]
8.医療現場から生まれた拘束ケアの禁止省令[4分]
9.患者に合わせた医療計画の必要性[4分]
10.自宅と在宅の違い[2分]
11.在宅医療の鍵は訪問看護ステーション[6分]
12.長崎県琴海町の取り組み[1分]
13.患者の生活を考えたインフォームドコンセント[11分]
14.クレームから心の声を吸い上げる [4分]
15.医療に必要な2つの目線 [4分]
16.給与と職位のバランスを考慮した人事制度 [3分]
17.時代を読み取ったリーダー達1[3分]
18.時代を読み取ったリーダー達2[7分]
19.時代を読み取ったリーダー達3[4分]
20.時代を読み取ったリーダー達4[14分]
21.治らない時代の安心して死ねる医療[5分]
22.金融機関と考えたい地域の医療[4分]
23.地域医療における行政トップの役割[1分]
24.地域包括ケアを担う主役は「患護師」[4分]
25.シミュレーションに基づいた病院経営[6分]
26.リーダーたちの注目点[5分]
27.自院のリーダーシップ[6分]
講師 信友 浩一 氏
九州大学名誉教授
株式会社信友ムラ事務所 代表取締役
対象者 経営者向け

動画・レジュメPDFをご覧いただくにはサクシードメンバーズへのログインが必要です。

インターネットエクスプローラーで動画を再生すると、仕様により15秒おきにクリックした時の効果音が鳴ります。効果音が気になる方は以下のリンクをご参考ください。

詳細を見る